top of page
アンカー 1

He creates artworks using IC chips that have been shattered into fragments by crushing semiconductors.

The choice of semiconductor material is based on its relevance to his background in quantum physics. Semiconductors have been understood and developed through quantum mechanics, the physics of the microscopic world of atoms and molecules.Humanity has developed along with it, and it has become indispensable in today's information society.

In such a microscopic world, there are also strange phenomena and behaviors that go against human intuition. His works focus on the eeriness of the fact that all things, bodies of living creatures, and the world itself are composed of and harmonized with such materials, and that semiconductors and other products are created and support humanity based on the strange theory that no one can understand, but only know how to use them.

The shattering of semiconductors represents how unattainable mankind's intellect and perception of the material world is, and expresses our longing and awe for the universe.

From another perspective, in today's information society, where opportunities for thinking are gradually disappearing, it may make sense to shatter the semiconductor, a symbol of the pursuit of convenience and efficiency, and attempt to transform its value into art that encourages thinking.




半導体を粉砕し、破片となったICチップで作品を制作。

半導体という素材の選択は、自身のバックグラウンドである量子物理学との関連性に基づいている。原子や分子などのミクロの世界の物理学である量子力学によって、半導体は理解され発展してきた。それとともに人類も発展し、現代の情報社会において必要不可欠なものとなっている。

また、そういったミクロの世界では人間の直感に反するような奇妙な現象や振る舞いが見られる。そのような物質であらゆるモノや生物の身体、世界そのものが構成され調和しているという不気味さや、誰一人理解できないにもかかわらず使い方だけ分かるという奇妙な理論によって、半導体をはじめとするプロダクトが作られ、人類を支えているというところに着眼し制作している。

モチーフはミクロの粒子とも天体ともとれるものが多く、角度によって虹色に輝く半導体の構造色と黒の下地で構成することで、人間の技術と宇宙のような世界観を同時に提示している。

半導体を粉砕することは、人類の知力と知覚が物質世界に対していかに到達できないものかを表し、宇宙への憧憬や畏怖を表現している。

別の視点として、思考の機会が徐々に失われている現代の情報社会において、利便性や効率性追求の象徴である半導体を粉砕し、思考を促す美術への価値の変換を試みることは、意味があるのではないかと考えている。

アンカー2
bottom of page