biography

Polish_20210819_214406227.jpg

1995年 兵庫県神戸市生まれ。
2018年 関西大学 システム理工学部 物理・応用物理学科 卒業。
同年、富士通株式会社に入社、システムエンジニアとして勤務するが長期にわたり罹患していた鬱病の悪化により2020年7月に休職。自分の価値について考え直し、同年9月に独学で絵を描き始める。2021年3月に退職し、画家を志す。自身の経験や病を基とした哲学的思考を題材とし、独自の表現を追求している。



1995 Born in Kobe, Hyogo, Japan.
Graduated from Department of Physics and Applied Physics, Faculty of Systems Science and Engineering, Kansai University in 2018.
In the same year, I joined Fujitsu Limited and worked as a system engineer, but took a leave of absence in July 2020 due to worsening of my depression, which I had suffered from for a long time. I reconsidered my self-worth, and in September of the same year I began painting on my own. I retired in March 2021 and decided to become a painter. I pursue my own expression by using philosophical thoughts based on my own experiences and illness as my subject matter.

STATEMENT

私たちが生きる現代は、豊かな反面ストレス社会とも言われるように、誰もが悩みを抱えており自ら命を絶つ人が後を絶たない。日本は国際的に見ても状況が悪く、特に若い世代ではこれが顕著である。先進国(G7)で見ても日本は非常に深刻な状況にある。*1
上記の主要な原因は鬱病である。日本では精神疾患に対する知識不足や偏見、病院への抵抗感等の空気がいまだに存在し、重大な社会的損失をもたらす国家的課題として指摘されている。*2
これらの事実やSNSを見ていて感じるのは、診断を受けておらず治療に至っていない人が潜在的に膨大な数いるのではないかということだ。

こうした社会の中で生きてきた私も、鬱病の当事者である。漠然とした希死念慮や抑鬱感を学生の頃から感じており、この感情を誰もが抱えている一般的なものであると信じていた。しかしそれは"歪んだ"認知であったと社会人になって初めて気が付いたのだ。そのとき私は自分と世界との乖離を強く感じた。この乖離から、希死念慮を初めとする負の感情を自身と世界との"歪み"と捉え、それを表現する独自の技法「歪み(HIZUMI)」を開発し、制作に取り組んでいる。

私は美術を学んできた人間ではない。幼少期に絵が得意だったことや美術館が好きだったというのはあったが、高校は普通科、大学では物理学を学んでいた。一般企業に就職したものの、会社での自分の価値や存在意義に違和感を覚え、鬱病の発覚とともに休職、再び絵を描き始めた。一度は会社に復帰したものの、やはり自分はなにかを表現したいと思い無計画で退職した。

技法「歪み」の基として、私はポーリングアートを採用している。ポーリングアートとは支持体(キャンバスなど)に絵具を大量に流し込み、支持体を傾けながら模様を描く手法である。偶然性が強いという性質を持ったポーリングアートの「同じ作品は二度と描けない」ことに人の負の感情や存在の唯一無二性を重ね視たのだ。人の感情は、どんなに親しい友人、家族、恋人であっても当人以外には理解できない。人によって育った環境や価値観等が違い、同じ事象を体験したとしても同じ感情にはなり得ないからだ。また、〈私〉は〈あなた〉にはなり得ない。そもそも原理的に理解できないのである。これは哲学者ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン(Ludwig Wittgenstein,1889-1951)の考えにも通ずる。人はどうしようもなく孤独なのだ。そして、「人は分かり合えない故に孤独である」というのは、「人はそれぞれ唯一無二である」ことの証明であるとも考える。ここに、表現の手法としてポーリングアートを採用する意義を見出している。

技法「歪み」は文字通り歪んだ模様を生み出すもので、大学で学んだ物理学の数値的計測や論理的思考を生かし、様々な実験を繰り返すことで、最適な絵具とメディウムの調合比を発見した。また、絵具やメディウムは0.1g単位で計測して調合している。

私の制作の目的は、自分と鑑賞者の孤独からの解放である。上述したように、自分と世界との乖離から感じた強い孤独や、人は分かり合えないという孤独をベースに、負の感情を抽象的に表現することで、鑑賞者の感情にフィットした体験を提供したい。辛い時や苦しい時、本当に励ましてくれるのは前向きな応援歌ではなく、暗く悲しい、苦しみを歌う曲ではないだろうか。無責任な元気づけより、ここにも苦しんでいる人がいるという声を上げること、それが共感を生み孤独を和らげられるのではないか。私の作品が、観た人の心の支えとなれば、自分と向き合うきっかけとなれば、幸いに思う。


*1参考資料:厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/1-1-03.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/r1h-2-3.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/r1h-1-10.pdf


*2参考資料:厚生労働省、NPO法人、日経新聞
https://www.mhlw.go.jp/seisaku/2010/07/03.html
https://lightring.or.jp/kokoro/mental_health/
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2202N_S0A520C1CR8000/



I create abstract paintings based on pouring art techniques, and have developed my own technique called "HIZUMI" (Distortion Meaning Japanese). The literally distorted patterns created by HIZUMI represent negative emotions such as anxiety, fear, impatience, and desire for death that appear in people's sensitive minds, which have their origin in the depression that I experienced. In particular, with regard to the desire for death, I believed that it was a common thing that everyone had, but I felt that this was a "distorted" perception and that I was disconnected from the world. Because of this disconnection, I considered negative emotions, including thoughts of desire to die, to be a distortion between myself and the world, and I chose "HIZUMI" as the technique to express this distortion.

Negative emotions felt by people, no matter how close they are to their friends, family, or loved ones, cannot be understood by anyone other than the people themselves. This is because each person's upbringing, environment, values, etc. are different, and even if they experienced the same event, they would not have the same feelings. Therefore, I believe that people are alone. I focus on this and try to liberate myself and the viewer from solitude by sharing and sympathizing with negative emotions through viewing artworks. In times of pain and suffering, what really cheers us up is not positive cheering songs, but songs of darkness, sadness, and suffering. Rather than irresponsible cheering up, I believe that raising a voice to say that there are people suffering here, too, can create sympathy and ease loneliness. I would be happy if my work could provide emotional support to those who view it, and if it could help them to face themselves.

I also believe that "people are lonely because they cannot understand each other" is proof that "each person is unique", and this is why I have adopted pouring art as my means of expression. This is the reason why I chose pouring art as a means of expression, and I see negative emotions and the uniqueness of human existence in the "never the same work can be painted twice" nature of pouring art, which is highly accidental.

In addition, I believe that the experience of depression is not just a dark past, but a necessity for me. Without sadness, there is no happiness, and without darkness, there is no light. Obstacles to overcome make people grow. I believe this is what makes us human and beautiful.

EXHIBITIONS

展示歴

2021.12 "TATSUYA ART COMPETITION 2021"
     @GALLERY龍屋(愛知) 展示の様子

2022.1 八犬堂主催 公募展 "いい芽ふくら芽 in Tokyo" 入選者展
     @松坂屋上野店(東京) 展示の様子


2022.2 "Tatsucon Selection 2022 -Tokyo-"(タツコン受賞者展)
     @GALLERY TATSUYA TOKYO(東京) 展示の様子

2022.3 "Future Artist Tokyo 2022 -SHIP-"(アートフェア東京)
     @東京国際フォーラム(東京) 展示の様子

2022.3 "cistern" 淵上直斗×土本海生 二人展
     @"meee" gallery Tokyo(東京)展示の様子


出展予定

2022.6.3-19 個展 "Pain"
     @二宮カフェ(神戸)詳細

2022.8.3-9 淵上直斗×Lisa Doteuchi 二人展
     @デザインフェスタギャラリー(東京)詳細後日


2022.8.10-14 八犬堂 見参 KENZAN2022
     @東京国際劇場(東京)詳細後日

2022.8.17-30 淵上直斗×Sai 二人展
     @ギャラリーカノン(東京)詳細後日

2022.10.11-15 グループ展 Colors - 色彩のコンポジション -
     @Gallery and links 81(東京)詳細後日

2023.4.8-16 個展
     @Gallery Bricolage(神戸)詳細後日

AWARDS

受賞歴

2021.12 "TATSUYA ART COMPETITION 2021"
     ◆ギャラリー龍屋賞

2022.1 公募展 "いい芽ふくら芽 in Tokyo"
     ◆入選
     ◆TOMOHIKO YOSHINO GALLERY

     ◆オーディエンス投票(人気投票)5位(入選者30名中)

Media / Achievements

2021.12 SNS合計フォロワー10,000人達成!

2022.1 "全国バンド図鑑 vol.14 上半期" 掲載 詳細

2022.3 国内バンド "Iris the Farthest" のCDジャケットを担当 詳細

2022.5 Twitterフォロワー数10,000人達成!

2022.5 現在 売約作品180作以上

未発表多数(有名アパレル様コラボ、有名バンド様作品提供等)