biography

1995年 兵庫県神戸市生まれ。
2018年 関西大学 システム理工学部 物理・応用物理学科 卒業。
同年、富士通株式会社に入社、システムエンジニアとして勤務するが長期にわたり罹患していた鬱病の悪化により2020年7月に休職。自分の価値について考え直し、同年9月に独学で絵を描き始める。2021年3月に退職し、画家を志す。現在は東京を中心に活動しギャラリーや百貨店にて作品を発表している。



1995 Born in Kobe, Hyogo, Japan.
Graduated from Department of Physics and Applied Physics, Faculty of Systems Science and Engineering, Kansai University in 2018.
In the same year, I joined Fujitsu Limited, where I worked as a system engineer, but took a leave of absence in July 2020 due to worsening of my long-term depression. In September of the same year, I began to rethink my self-worth and taught myself to paint, leaving in March 2021 to become a painter. I am currently based in Tokyo and show my work in galleries and department stores.

EXHIBITIONS

主な展示歴

2022.1 公募展 "いい芽ふくら芽 in Tokyo" 入選者展
     @大丸松坂屋百貨店(上野)


2022.3 "アートフェア東京2022"
     @東京国際フォーラム(有楽町)

2022.8 "KENZAN2022"
     @東京芸術劇場(池袋)


2022.9-10 "D-art,ART2022"
     @大丸松坂屋百貨店(名古屋・神戸・京都巡回)
 
展示予定

2022.10 "UNKNOWN ASIA 2022"
     @グランフロント大阪(大阪)
 
2022.11 "アートゲンダイ2022"
     @大丸松坂屋百貨店(上野)

2023.4 未発表展示
     @東京スクエアガーデン(京橋)

 

​松坂屋 名古屋店

東京芸術劇場

AWARDS

受賞歴

 

2021.12 "TATSUYA ART COMPETITION 2021"​

     ◆ギャラリー龍屋賞 受賞


2022.1 公募展 "いい芽ふくら芽 in Tokyo"
     ◆入選
     ◆TOMOHIKO YOSHINO GALLERY

     ◆人気投票 入選者30名中 5位

Media / Achievements

2022.1 "全国バンド図鑑 vol.14 上半期" クリエイター枠にて画家として掲載

2022.3 
国内バンド "Iris the Farthest" のCDジャケットを担当 詳細

2022.8 アパレルブランド 歪hizumi 作品提供​

未発表多数
・インディーズバンドCDアルバムジャケット担当
・世界的メタルバンド作品提供

hizumi × 淵上直斗

  ___hizumi___​
  @___hizumi___​

uTa × 淵上直斗

  kuro0928kuro
  @poruporu092800

STATEMENT

私が制作しているのは、"歪み(HIZUMI)"である。私たちが生きる現代は、豊かな反面ストレス社会とも言われるように、誰もが悩みを抱えており自ら命を絶つ人が後を絶たない。日本は国際的に見ても状況が悪く、特に若い世代ではこれが顕著である。先進国(G7)で見ても日本は非常に深刻な状況にある。
上記の主要な原因は鬱病である。日本では精神疾患に対する知識不足や偏見、病院への抵抗感等の空気がいまだに存在し、重大な社会的損失をもたらす国家的課題として指摘されている。
これらの事実やSNSを見ていて感じるのは、診断を受けておらず治療に至っていない人が潜在的に膨大な数いるのではないかということだ。私は、私たちが生きる日本の鬱屈とした空気、時代性を作品を通して切り取りたい。

こうした社会の中で生きてきた私も、鬱病の当事者である。漠然とした希死念慮や抑鬱感を長期にわたり感じており、この感情を誰もが抱えている一般的なものであると信じていたが、それは"歪んだ"認知であった。それに気づいたとき私は自分と世界との乖離を強く感じた。この乖離を自身と世界との"歪み"と捉え、それを表現し始めたのが制作のきっかけである。

制作は、ポーリングアートの技法を基としている。ポーリングアートとは流動的な絵具を支持体に流し込み、傾けながら模様を作っていく技法である。この表現の源流は、墨流しと呼ばれる日本古来の伝統芸術であると考えられる。墨流しは、起源を辿ると川の水面に墨を落とし、流れによって生まれる模様の変容を楽しんだ、1000年以上前の平安時代における宮廷遊びといわれている。また、似た表現としてトルコを中心としたヨーロッパにも、マーブリングという技法が15世紀頃から存在していた。そして現在、ポーリングアートとしてアメリカを始めとする海外で流行しており、日本でも認知度が高まってきている。宮廷遊びの高価な墨から安価なアクリル絵具への変遷も踏まえ、これらのことから自然現象に合わせて変容していく模様を美しいと感じる美意識は、古来から変わっておらず人間の根源的な美意識であるのではないかと考える。

私の作品の、一般的なポーリングアートと異なる点は、熱刺激を与えオイルと絵具の化学反応によってできる模様を潰し、さらに流すことである。また、下地に凹凸をつけており、この凹凸の上を絵具が通過する時に模様が歪む。これらは歪みを生成するための独自技法である。
画材に関しては、0.1g単位で絵具とメディウムを計測し、実験と考察を繰り返すことによって、安定性を確保しつつ理想の歪み模様を生成するのに最適な調合比を発見した。こうした緻密な計算のもと、アンコントローラブルな技法で制作している。このように支配下にある偶然性により作品は再現性を失う。また、作品は気温や湿度、支持体の傾きなどによって、描き始めから絵具が固着するまで画面が変化し続ける。これらを得るために私は流動的な画材を使用している。

歪みというモチーフはあるものの、ジャクソン・ポロックのアクションペインティングとの共通点を多数見出している。手描きでは表現できない独特の模様、偶然性を得るための細密な絵具の調合、非再現性、床置きでの制作、シュルレアリスムのオートマティズム的画面作り等である。相違点としては、無意識で作り出した偶然性の強い模様を、意識的に自作の道具で画面操作し、さらにそれを流すことによって無意識の模様を作る、を繰り返すことである。意識と無意識、作為性と偶然性を交錯させ、その境界を曖昧にすることで、鑑賞者にどこからどこまでが想定して描いたものか、どこからどこまでが偶然性によるものか混乱させる狙いと、誰が(何が)描いた作品なのかを問いかけることを狙いとしている。

私のもう一つの制作目的は、自分と鑑賞者の孤独からの解放である。ネガティブな感覚である歪みを抽象的に表現することで、より普遍的で鑑賞者にフィットした体験を提供したい。一種のカタルシス効果ともいえるだろう。世界と自分の乖離の表現から始まった制作は、いつしかその差異を埋めるような感覚があり、この得体の知れない空虚感、孤独、絶望を解放するような効果を感じている。個人的に好きなラウドロックやハードコア、メタルといった音楽に強く影響を受けているためかもしれない。ネガティブなものも美しく変換できることは、アートの一つの魅力である。辛い時や苦しい時、本当に励ましてくれるのは前向きな応援歌ではなく、暗く悲しい、苦しみを歌う曲ではないだろうか。無責任な元気づけより、ここにも苦しんでいる人がいるという声を上げること、それが共感を生み孤独を和らげられるのではないか。私の作品が、観た人の心の支えとなれば、自分と向き合うきっかけとなれば、幸いに思う。

今後は歪みシリーズの概念を拡張し、世界や自分の存在の知覚、人間の支配する世界と人智を超えた世界の存在の対比といったテーマで、世界を構築する量子論の観点を取り入れつつ表現したいと考えている。




What I am creating is "HIZUMI," a distortion that appears on the inside of a person or between people. These are not mere personal problems or discord in human relationships, but the essential loneliness of human beings, the disconnect between oneself and the world, and the view of life and death. We, who live in a depressed society, feel this helpless loneliness and sense of inferiority because of the presence of human beings, but it is also human beings who can heal us. I want to look at human beings through distortion and explore their essence.

The modern society in which we live is said to be affluent, but at the same time, it is also a stressful society. The situation in Japan is not good even from an international perspective, and this is especially true among the younger generation. Even among developed countries (G7), Japan is in a very serious situation.
The main cause of the above is depression. In Japan, lack of knowledge about mental illness, prejudice, and resistance to hospitals still exist in the air, and are pointed out as national issues that cause serious social losses.
Looking at these facts and social networking sites, I feel that there are potentially a huge number of people who are undiagnosed and untreated.

Having lived in such a society, I am also a depressed person. For a long time, I felt a vague sense of hopelessness and depression, and I believed that these feelings were common to everyone, but this was a "distorted" perception. When I realized this, I felt a strong sense of disconnection between myself and the world. I saw this discrepancy as a "distortion" between myself and the world, and this is when I began to express it in my work.

I use fluid painting materials made of paints and mediums in unique proportions and employ highly accidental methods, such as the chemical reaction of oil created when seared with a burner and the tilting of the support to create a pattern. This technique renders the works unrepeatable and allows them to connect with the uniqueness of the human being, the flip side of loneliness. Also, I might want to express the fluidity and ambiguity of the human psyche with fluid, shapeless painting materials.
While the process of production is accidental, my work also includes planning and inevitability. I have found the optimum mixing ratio of paint and medium by repeating various experiments, making use of the numerical measurements and logical thinking in physics that I learned in college. In addition, the paints and mediums are measured to the nearest 0.1g. The fluid screen can be described as a repetition of necessity and coincidence, not only by flowing but also by further flowing after adding manipulations such as crushing the pattern.

Another purpose of my work is to free myself and the viewer from solitude. By abstractly expressing distortion, which is a negative sensation, I want to provide an experience that is more universal and fits the viewer. It could be called a kind of cathartic effect. In times of pain and suffering, it is not positive cheering songs but dark, sad, suffering songs that truly encourage us. Rather than irresponsible cheering up, I believe that raising a voice to say that there are people suffering here, too, can create sympathy and ease loneliness. I would be happy if my work could provide emotional support to those who see it, and if it could help them face themselves.